下取りをおこなうディーラーは新車を売りたい

ディーラーが買取業者と比べて下取りに力を入れない理由の一つには、ディーラーの主な目的が新車の販売にあるということが挙げられます。
買取業者は買い取った車を販売することが主な収益源ですので、車の買取にも力を入れる必要があります。
しかし、ディーラー側は購入者が車を下取りに出さなくても問題はありません。
購入者が買取店で売却した場合でも、その多くは新車の頭金の一部として利用されますので、ディーラーにとって特に困ることはありません。
そのため、下取りに力を入れる必要性は低いのです。
下取りの場合、車の具体的な評価価格がわかりにくいという問題もあります。
買取の場合、車を売却することで直接代金を受け取ることができますが、下取りの場合は新車の購入費用から下取り価格を値引きする形が一般的です。
新車の値引き交渉により、多くの値引きが適用されるため、その総額のうち具体的にいくらが下取り価格になるのかがわかりにくいという問題が生じます。
したがって、下取り価格については明確に確認しておくことが重要です。