住宅ローンが滞るとどうなる?

住宅ローンが滞るとどうなる?
名古屋市で家を購入し、素敵な生活をしていましたが、最近では物価の高騰などの影響で、住宅ローンの支払いがうまく進まないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、この記事では、住宅ローンの支払いが滞った場合に不動産を売却する方法について詳しくご紹介いたします。
住宅ローンの支払いが滞るとどうなるのか?
まずは、住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合、どのような問題が生じるのかについてご説明いたします。
最終的には不動産が差し押さえられ、競売にかけられることになりますが、そう簡単に進むわけではありません。
以下に順を追って説明します。
滞納の流れ
①督促状が届く 住宅ローンの支払いが滞ると、1ヶ月から2ヶ月程度で金融機関から督促状が届きます。
この督促状は、支払い期限までに支払いが確認されなかった場合に、支払いを促すための書類です。
もし督促状が届いた場合には、未納分をすぐに支払うことで、大きな問題を回避することができます。
②ブラックリストに登録される 支払いを3ヶ月程度滞納すると、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまいます。
ブラックリストに載ってしまうと、新たに住宅ローンを組むことはできなくなったり、クレジットカードの発行ができなくなったりする可能性があります。
③一括での支払いを求められる さらに滞納が続くと、金融機関からは契約の継続ができないと判断され、一括でのローン残債の支払いが要求されることがあります。
しかし、すでに住宅ローンの支払いが滞っている状況では、一括での支払いに応じることは難しいですよね。
参考ページ:名古屋市で住宅ローンの支払いが滞った不動産を売却する方法は?
この場合、法律上の規定により、支払い期限の猶予がなくなり、住宅ローンを借りた本人の支払い義務が保証会社に移ります。
つまり、保証会社が代わりに残りの住宅ローンを支払ってくれることになるのですが、返済義務そのものはなくなりません。
支払い先が保証会社に変わるというわけです。