住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合の流れと対処方法

住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合の流れと対処方法
名古屋市で家を購入し、幸せな生活を過ごしていたはずの方々にとって、物価の高騰などの理由で住宅ローンの支払いが困難になる場合があります。
この記事では、住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合に、不動産を売却する方法について詳しくご紹介します。
住宅ローンの支払いが滞るとどのような問題が起きるのでしょうか。
最終的には不動産が差し押さえられ、競売にかけられる可能性がありますが、すぐに競売に至るわけではありません。
まずは、具体的な流れを見ていきましょう。
①督促状が届く 住宅ローンの支払いに遅れが生じると、金融機関から1ヶ月から2ヶ月程度で督促状が届きます。
この督促状は、支払い期限までに支払いが確認されなかった場合に、支払いを促すための書類です。
もし未納分を支払うことができれば、大きな問題にはなりません。
②ブラックリストに登録される 支払いが3ヶ月程度遅れると、信用情報機関のブラックリストに登録されることになります。
ブラックリストに載ると、新たに住宅ローンを組むことができなくなったり、クレジットカードの作成が制限されるなどの影響が出てしまいます。
③一括での支払いを要求される さらに滞納の状態が続くと、金融機関から契約を継続できないと判断され、残りのローンを一括で返済するように求められることがあります。
しかし、すでに連続的な支払いが困難である場合、一括での返済は困難なものとなるでしょう。
この場合、法的には支払い期限の猶予がない状態と見なされ、住宅ローン借りた本人から保証会社に支払い義務が移ります。
つまり、保証会社が住宅ローンの残り額を代わりに支払ってくれることになりますが、これは返済義務が消えるわけではありません。
支払先が保証会社に変わるだけです。
参考ページ:名古屋市で住宅ローンの支払いが滞った不動産を売却する方法は?
住宅ローンの滞納による競売
万が一、住宅ローンの支払いが滞っている場合、保証会社が代わりに支払ってくれる契約をしている場合でも、保証会社への返済が1ヶ月遅れると競売の申し立てが行われます。
これにより、競売のために家の査定が行われ、裁判所のホームページに競売の情報が公開されることになります。
また、裁判所のホームページに競売の情報が公開されてからは、約2週間後に競売が開始され、その後2週間程度で入札が行われます。
もし買い手が見つかった場合、1ヶ月以内に強制的に退去させられます。
この際の引っ越し費用は自身で負担しなければなりません。
競売にかけられた場合、一般の相場価格の6割から7割程度の価格で不動産が売却されることになります。
そして、競売で得た売却価格でも住宅ローンを完済できない場合、残債の返済義務が残ります。
このような事態を避けるために、住宅ローンの滞納をしている場合には、他の売却方法について考える必要があります。