住宅ローンの支払いが滞るとどうなる?

住宅ローンの支払いが滞るとどうなる?
名古屋市で家を購入し、幸せな生活を送っている方もいらっしゃるかと思いますが、時折物価の高騰などにより住宅ローンの返済に困ってしまう場合があります。
この記事では、そういった場合における不動産売却の方法をご紹介いたします。
まず、住宅ローンの支払いが滞るとどのような問題が生じるのかご説明いたします。
まずは督促状が送られてきます。
参考ページ:名古屋市で住宅ローンの支払いが滞った不動産を売却する方法は?
住宅ローンの返済が1ヶ月から2ヶ月程度滞ると金融機関からの督促状が届きます。
督促状は、支払い期限を過ぎた場合に送られ、返済を促すための書類です。
もちろん、未払い分を支払えれば大きな問題はありません。
しかし、支払いが3ヶ月程度滞ってしまうと、信用情報機関のブラックリストに名前が登録されてしまいます。
ブラックリストに登録されると、新たな住宅ローンの契約は不可能になり、またクレジットカードの取得も制限されてしまいます。
さらに滞納期間が延びると、金融機関は契約の継続を中止し、一括返済を要求することがあります。
しかしこの段階で一括返済をすることは困難です。
つまり、元々住宅ローンの返済に困っている状態なので、即座に一括返済を行うことは難しいのです。
この場合、法律によって住宅ローンの猶予期間が失われ、返済の責任は本人から保証会社に移ります。
つまり、保証会社が残りの住宅ローンを代わりに支払ってくれることになりますが、返済の義務自体は免除されるわけではありません。
つまり、支払先が保証会社に変更されるだけです。
以上が住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合の流れとなります。