名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と、売却に適したタイミングや注意点について

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と、売却に適したタイミングや注意点について
名古屋市で一戸建ての家を建てたり、購入したりして、そこに住んでいる人もいるかと思いますが、会社の都合などで転勤が必要になってしまうこともありますよね。
思い入れのある家ですから、なるべく高く売却したいと思うのは当然のことです。
この記事では、名古屋市で一戸建てを売却する際の相場や、売却に適したタイミングや注意点について、詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
まずは、名古屋市で一戸建ての売却価格がどのくらいなのかを見ていきましょう。
2021年の売却価格の平均は、1平方メートルあたり35.34万円であり、2022年には39.91万円に上昇しています。
つまり、売却価格は上昇傾向にあり、売却を検討している方にとっては好都合と言えます。
実際に過去10年間のデータを見ても、名古屋市では1平方メートルあたりの価格が約13万円上昇しています。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
一方で、愛知県全体では約5万円の上昇に留まっているため、名古屋市は愛知県内でも非常に需要の高いエリアと言えるでしょう。
また、名古屋市は16の区に分かれており、それぞれのエリアで一戸建ての売却相場が異なります。
2022年のデータによると、売買価格が最も高いのは「中区」であり、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
2番目に高いのは「東区」で56万円です。
このことからも、中区や東区は需要が高く、価値が高いエリアと言えるでしょう。
中区は名古屋市の中心部に位置し、愛知県庁や名古屋市役所などがあるため、価格が高くなっています。
また、地下鉄の東山線・名城線・鶴舞線・桜通線が通っているので、アクセスの面でも非常に便利な場所です。
一方で、最も安価なのは「港区」であり、1平方メートルあたりの価格は20万円です。
名古屋市港区のオススメポイントと不動産需要の高まりについて
名古屋市港区は、名古屋市の最南端に位置し、津波やその他の自然災害のリスクがあるために、あまり注目されていないエリアです。
しかし、この地域には人気のレジャー施設であるレゴランドや名古屋港水族館、名古屋港シートレインランドなどがあります。
さらに、外国人の方も多く住んでいるため、国際的な雰囲気も感じられます。
また、最近数年間で港区は価格が上がっている傾向にあり、名古屋市全体において一戸建て住宅の需要が高まっていることも言えます。
この地域の魅力や資産価値の上昇により、投資家や住宅を探している人々からの関心も高まっています。
そのため、名古屋市港区は注目すべきエリアであり、将来的にもさらに人気が高まる可能性があります。
住みたい場所や投資先を探している方にとって、一考の価値があるエリアと言えるでしょう。