名古屋市南区の不動産売却

名古屋市南区の特徴と不動産売却の参考情報
名古屋市南区は、名古屋市の南部に広がるエリアで、その面積は約18.46平方キロメートルです。
名古屋市全体の16区の中で、7番目に広い区域に位置しています。
この街は昔ながらの風景が残りつつも、現代的な住宅が混在している特徴があります。
参考ページ:名古屋市南区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市南区には多種多様な不動産の種類が存在しており、空き地や空き家、中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などがあります。
この記事では、南区で不動産の売却を考えている方に向けて、南区の特徴や契約件数、相場などの情報をご紹介します。
これらの情報は、不動産売却の際に参考になるでしょう。
まずは名古屋市南区の特徴について見ていきましょう。
自分の住んでいる場所の特徴を知ることは、不動産を売却する際に重要です。
なぜなら、購入希望者に対してどのように魅力をアピールすれば良いのかを理解するためには、地域の特性を把握しておくことが必要だからです。
ですので、しっかりと自分の住んでいる場所について情報を得て、売却の準備を進めましょう。
名古屋市南区の人口は、2023年10月1日時点で131,459人で、世帯数は63,061世帯です。
昭和初期から高度経済成長期にかけては、南区の人口が急増しました。
これは、名古屋市が都市化の進展を遂げ、南区にも多くの人々が移住してきた結果です。
しかし、1990年代以降は人口減少が続いており、これは少子化や都市部からの人口流出などの影響によるものです。
名古屋市南区の人口密度は7,121人/平方キロメートルとなっており、名古屋市全体の区の中では6番目に密集したエリアです。
また、南区の人口構成は高齢化が進んでおり、2019年10月1日現在の高齢化率は29.7%と名古屋市内で最も高い数値です。
将来的にも高齢化はますます進んでいくことが予測されています。
以上が名古屋市南区の特徴と不動産売却の参考情報です。
不動産売却を考えている方には、この情報をぜひ参考にしていただき、スムーズな売却を進めてください。