名古屋市天白区不動産売却

名古屋市天白区の特徴をご紹介します
名古屋市天白区は、名古屋市の東部に位置しており、天白川が北東から南西にかけて流れています。
面積は21.58平方キロメートルであり、名古屋市の16区の中で5番目に広いエリアです。
天白区では、大規模な宅地造成事業が進行中であり、新しい住宅地が開発されています。
そのため、住みやすさと高品質の教育環境に注目が集まっている地域となっています。
名古屋市天白区で不動産をご売却をお考えの方へ
名古屋市天白区は、さまざまな不動産の売却が可能な地域です。
具体的には、土地(空き地・空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などが存在します。
これらの特徴的な物件を所有しており、売却を検討されている方に向けて、天白区の特徴や売却の成約数、相場についてご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。
名古屋市天白区の特徴とは?
それでは、名古屋市天白区の特徴について詳しく見ていきましょう。
不動産の売却をスムーズに進めるためには、売却物件のエリア情報を把握することが重要です。
ここでは、天白区の人口、歴史的特徴、住みやすさの3つの観点から解説していきます。
天白区の人口
2023年の10月1日時点での天白区の人口は162,760人で、世帯数は79,530世帯です。
1990年には134,777人、2000年には153,238人、2010年には158,793人となっており、一貫して人口が増加しています。
最高人口は2018年の164,653人であり、その後はわずかに減少していますが、長期的に見ると多くの方が天白区に移住していることが分かります。
人口の増加は住居の需要の高まりを意味し、不動産の売却にとって有利な状況と言えます。
(*参考:令和5年10月1日現在の名古屋市の世帯数と人口 – 推計人口)
参考ページ:名古屋市天白区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
天白区の歴史的特徴
天白区には多くの神社や寺院が建てられており、その中でも「熊野日白社」に祀られている「天白神」は特に有名です。
この神様は洪水から田畑を守ってくれると信仰されています。
また、天白区には昔から農業が盛んであり、自然環境にも恵まれています。
歴史的な背景と共に、天白区は魅力的な地域です。
以上が、名古屋市天白区の特徴と不動産の売却に関する情報となります。
ご参考にしていただければ幸いです。