固定資産税路線価とは

固定資産税路線価とは
固定資産税路線価とは、固定資産税の評価額を計算するために利用される数値のことです。
市町村が3年ごとに公表しており、公示価格の70%を基準に算出されます。
この路線価は、固定資産税の納税額決定や他の税金の計算にも使用されます。
固定資産税路線価と相続税路線価の違い
一般的に「路線価」と言われると、相続税路線価を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、固定資産税路線価と相続税路線価は異なる数値です。
相続税路線価は相続税の計算に用いられ、その金額自体も固定資産税路線価とは異なります。
相続税路線価は公示価格の80%を目安としていますが、固定資産税路線価は公示価格の70%を目安としていますので、両者は異なる視点で評価されます。
参考ページ:不動産購入後の固定資産税路線価の調べ方や相続税路線価との違いについて解説!
固定資産税路線価の調べ方
固定資産税路線価は市町村が算出し、3年ごとに公表されています。
なお、固定資産税路線価だけでなく、公示価格や実勢価格、都道府県地価調査価格など、土地の価格を示すさまざまな数値が存在しますが、これらはそれぞれ異なる意味を持っています。
固定資産税路線価を調べる方法としては、一般財団法人資産評価システム研究センターが提供している全国地価マップを利用することができます。
このマップを使用すれば、特定の地域の固定資産税路線価を確認することが可能です。