家を買うには貯金が必要

家を買うには貯金が必要
住宅購入を考える場合、貯金がないまま住宅ローンを申し込んだり物件を選んだりすることは避けるべきです。
なぜなら、住宅を購入するには初期費用が必要であり、その他にも引越し費用や固定資産税などの税金支払いが発生する可能性があるからです。
もしリフォームが必要になる場合もあります。
ですから、貯金を全く持たずに家を買うことは非常に困難です。
手付金が準備できないと家を買えない
家を購入する際には、手付金が必要ですが、この手付金は現金で支払わなければなりません。
手付金は、不動産の売買契約が成立した際に買い手が売り手に支払う費用のことです。
通常、物件価格の5%〜10%が手付金の目安とされています。
家を買う際には、後に説明する諸費用を住宅ローンに組み込むことができる場合もありますが、手付金は自己資金で支払う必要があります。
つまり、手付金を支払えるだけの貯金が必要です。
ですから、手付金を支払うだけのお金を用意できなければ、家を買うことは難しくなります。
参考ページ:頭金 なし 貯金 なし マンション ・一戸建て購入|購入は大丈夫?
諸費用を準備できないと家を買えない
家を購入する際には、税金や手数料、保険料などの初期費用が必要です。
これらの初期費用を総称して「諸費用」と呼ばれます。
諸費用には様々な項目が含まれており、例えば仲介手数料、印紙税、登録免許税、住宅ローンの融資手数料、住宅ローンの保証料、火災保険・地震保険料などがあります。
これらの初期費用は、現金で支払う必要があります。
したがって、諸費用を支払えるだけの貯金が必要です。
もし諸費用を準備できなければ、家を購入することは難しくなるでしょう。